Arrow
Arrow
Slider
 
内覧申込

ホームインスペクション 名古屋

inspe04中古住宅の流通、リフォーム市場の整備に向けて。
平成25年6月に国土交通省より「既存住宅インスペクションガイドライン」が発表されました。
国土交通省・報道資料

インスペクションの普及促進に向けて

消費者が中古住宅を取引する際、物件の状態・品質を的確に把握できるようにする。第三者が客観的に住宅の検査・診断をする「ホームインスペクション」の復旧促進を図り、消費者が安心して依頼できるよう、検査・調査を行う者の技術的能力の確保や検査・調査項目・方法等のあり方を国土交通省がガイドラインとしてまとめました。

ガイドラインの内容は必要十分なものではなく、共通して実施することが望ましと考えられる最小限の内容となっている。拘束的なものでなく、より質の高い検査などが事業者によって提供されることが期待されている。

インスペクションの適正な実施について

インスペクションの内容
基礎、外壁等の住宅の各部位に生じているひび割れ、欠損といった劣化現象及び不具合事象の状況を、目視を中心とした非破壊検査を行う。
以下の項目についてはインスペクションの範囲外
・劣化現象が構造的な欠陥かどうかの判断、または瑕疵の有無を判断
・耐震、省エネ性等の個別の性能判断
・現行建築基準関係規定のチェック
・設計図書との照合

インスペクションの対象
・足場を組むことなく、通常の手段で移動できる範囲
・小屋裏や床下は、点検口がある場合は覗いて目視できる範囲
・共同住宅の外部はバルコニーから目視できる範囲

インスペクションの項目
確認する劣化事象等は以下が基本
1.構造耐力上の安全性に問題がある可能性が高いもの
蟻害、腐朽、腐食、傾斜、ひび割れ、欠損など
2.雨漏り、水漏れの発生、又は発生する可能性が高いもの
3.設備配管に劣化等が生じているもの

インスペクションの方法
目視、計測を中心とした非破壊による検査。触診、打診等による確認、作動の確認などを非破壊により検査。電磁波レーダー等を用いた鉄筋探査やファイバースコープカメラ等の非破壊検査機器を用いた検査については、オプション的に実施するケースも考えられる。

以上が
国土交通省「既存住宅インスペクションガイドライン」の主な内容

スクラップ&ビルドは、もはや過去

住宅の取得が主に新築である日本は世界でも異例で、中古住宅取引量が欧米主要国の約2割にとどまる。国の住宅政策は「フローからストック」に変わりつつある。中古住宅の流通を円滑にし、一人ひとりが住宅の規模、価格、立地などニーズにあった住まい方が円滑にできる環境が求められているのだ。

中古住宅取引が進みにくい背景

新築住宅は、性能基準が品確法にもとづき性能表示として公開されている。購入時、消費者に対し客観的な安全を示し、かつ入居後の安全も瑕疵保険制度によって保証されている。

一方、中古住宅は客観的な安全を示す指標がなく、建物の状態や劣化程度は判断しづらい現状があります。「現況有姿」での取引がまだまだ一般的であり、それゆえ、主要な構造部分に問題がある住宅と十分にメンテナンスされた住宅が混在し、中古住宅が適正に評価されない市場が形成され、住宅の資産価値を低下さています。

問合せ&媒介
□ 内覧希望 (click)

空室情報(スライダー)

店舗仕様?の住居。使い方はご自由に

名駅西エリア、エレベーターなし4階1LDK

パルコ隣の築古分譲賃貸をBIG1Rに

中村区のルーフバルコニー付メゾネット賃貸

住みやすそうな都心の約100㎡・2LDK@栄5

江川線x大須通角のスモールオフィス

「トラスティ名古屋白川」内のオフィス

高速環状線(江川線)+大須通の交差点角でSOHO

東桜1の築古分譲リノベーションは1LDK賃貸

丸の内1のスクエアな4LDKは安価な仕様+α

日当り良好、間口の広い3LDKは都心の栄5

クリニック上のリノベ済み1LDK@千代田

タイルカーペットで安価なリノベヤ@東桜

40㎡超え1K。可動収納はお好きな場所に

コンパクト1LDKは家具家電付@中区松原

和室二間を洋間に改装済@中区隣接の中川区

東別院駅から直ぐの事務所付き住居

1階でも2階レベル。覚王山エリアの約60㎡1LDK

駅近、バルコニー付の2階店舗@東別院

明日に向かって元気になる(アスナル)1LDK

希少な50㎡超えの1DKは泉1の端っこ

緑の多いエリアで質素に暮らす4LDK

見た目の新しさよりも、環境重視かな

昭和区山中町の2LDKリノベーション